引っ越してひと月周辺わずかある日の事です。

前に住んでいた家が狭かった力不足もあり、うちの息子は小学生6年生までこちら夫婦と同じ部屋に寝ていました。
ゆくゆく新しい家に引っ越し、息子に個室を与えるとみずから寝るようになりました。

引っ越してひと月等単にある日の事です。
息子が自分の部屋でみずから寝るのがお断り、下の部屋の恋人の隣席で寝たいと言い出したんです。
わけを聞くと
「みずから寝るのが恐ろしい、夜中にベッドが揺れる。魑魅魍魎がいるんじゃないか・・・」と、
恐ろしい事を言い出しました。

自宅は大きな通り沿いなので自動車の騒音も気になります。
ゆっくり慣れてきましたが、2床の息子の部屋はもしかして自動車が通る動きで揺れているんじゃないかと思いました。
なぜなら2床の足音がどうしても響くし、うちはおおまか工事なんじゃないかと真意思っていたからです。

「おばけなんているわけないでしょ。自動車の動きじゃないの!」と言うと
「そんなんじゃない。やっぱり人の見解が聞こえる事がある。」と言われ背筋がぞっとしました。

幽霊もUFOも実に聞き流す身は、
「じゃあ、ややお母さんがあなたの部屋で寝るわよ」と言いました。
身はカジュアル和室に布団を引いて寝ているので、息子のベットはマットレスがふわりではなはだ快適でした。
大いに寝心地がいいので、しばらく息子の部屋で寝ようかな・・・なんて考えて安眠につきました。

その夜の事です。
夜中にやにわに、ベッドが動きし始めました・・・

目覚ましを見ると夜中の2ポイントです。
最初は、近くの通りに大きなダンプカーでも通ったのかな!と思いました。
ところがその細かい動きは2〜3パイと続き、ゆっくり怖くなって眼が覚めました。

地震かな!
それにしてはベッドだけが揺れていたみたいでした。
とにかく大きなダンプカーが通ったんだと自分に言い聞かせ、また眠りました。

しばらくするとまた、ベッドが小刻みに動きし始めました。
先よりも熱く、諤々と音色がするくらいです。

恐怖のあまり、ベッドから飛び降りました。
すると、アッという間に動きは止まりました。
でも私のビートは止まりません。

今までのくらしで感じた事態のない何とも言えない戦慄・・・。

あの富士急ハイランドの素地最大級の魑魅魍魎屋敷「超・戦慄謎」に入ったポイントよりも怖かったかもしれません。
(じつは魑魅魍魎屋敷のがこわいのですが、住宅に奇跡状態が起きているという現実のほうが怖いものです。)
その夜はほとんど眠れずに一夜を過ごしました。

次の早朝、TVを見ても地震があったというインフォメーションはありません。
怖がりの息子には昨晩の事件を話せませんでした。
「こんな家お断り、引越ししたい。」と言い出しかねません。

台所でお弁当の準備をしながら、考えました。
「これはなんだったんだろう・・・」
欲望じゃないし、自動車の動きとしては大きかったな。
幽霊なんているわけないし、自動車の動きとするとこういう家はかなりの短所住居かもしれない。
大きな地震がきたらペシャンコになるかも、いかんせん・・・

いいえ、もしかすると実際心霊状態かも!
やむなく、酷い欲望かな!
そう、欲望に違いない。
なんて、無かった事態にしようとしていました。

そして常にパートタイマー先に仕事しました。
仕事をするうちに、戦慄も薄れ正午ブレイクになりました。

店舗のパートタイマーグループ複数個と正午を食べながらレストランでコメントしていたポイントです。
前夜の困難見聞を黙っていられなくなった身はみんなに話しました。

「ええっ!!」「うそ!!恐ろしいね」とパートタイマー仲間にも言われました。

ところがそのセルフが、
「昨日の夜更け。地震あったよ。震度2ぐらいかな!」と教えてくれたんです。
「・・・・」

確かに、震度2ぐらいじゃ早朝のインフォメーションになる事もありませんよね〜(笑)

「新しい家が祟られているのでは!短所住居なのでは!」・・・の心配もなくなり
身は戦慄から徹頭徹尾解放されました。

そのあとも暫し息子の部屋で寝ました。
息子の言うベッドが揺れるというのは、前もって大きな自動車が通ったときのかすかな動きの事態でした。

人の見解と言うのは・・・!
隣席にコンビニエンスストアがあるので、夜中にその前で話している人の見解でしょう。

近々息子はみずから自分の部屋で寝るようになりました。
あの夜の困難は今でも忘れる事ができません。二重窓ドットコムのサイトはこちらです。